ドローンエンジニアになろう!

そもそもドローンとは?歴史は長い?

ドローンの歴史は長い?

                       
ドローンの歴史は長い?

ドローンの活用が世界中で目立つようになったのは近年のことですが、そこに至るまでにはかなりの時間を要しました。では、ドローンの歴史はどのようなもので、ドローン開発に携わってきたドローンエンジニアとはどのような人々なのでしょうか。


もともとは軍事用に開発された

ドローンが世界で広く認知されるようになったのは最近のことなので、近年新たに誕生した開発技術であるかのような印象を持つ人は多いかもしれません。しかし、ドローンはもともと軍事用に開発された機器であって、第二次世界大戦中には開発が進められていました。つまり、遠隔操作で機器を飛行させるという発想が、戦時中のエンジニアにはすでにあったということになります。ただし、軍事目的に開発されたドローンが実用化されたのは第二次世界大戦後のことで、戦争中に用いられることはありませんでした。軍事目的に開発が進められてきた技術ということもあって、誰がドローンを発案し開発したかの記録は一切公開されていません。しかし、多くのエンジニアと予算がドローン開発に投入されてきた結果、現在では小規模攻撃などの用途で軍事利用されるようになりました。アメリカ軍は、2023年までに攻撃機の3分の1をドローンにする予定です。ドローンは一般人でも容易に入手できるため、テロ組織の攻撃手段としても活用されてしまっている実態があります。

商用利用が急加速する

もともと軍事用に開発されたドローンが一般に知られることになったきっかけは、2010年にフランスのParrot社が開発した一般向けドローンの「AR.Drone」です。iPhoneやiPadのアプリを用いてドローンを操縦するというのは、当時としては斬新な仕様と性能の高さが世間を驚かせました。このときから、ドローンの商用利用に向けたアイデアが世界中で数多く出回るようになっていきました。

日本におけるドローンの歴史

日本でドローンの実用化がスタートしたのは1970年代のことでした。産業用としては世界初の無人ヘリコプターを開発し、販売に踏み切ったのは日本のヤマハ発動機です。テレビや映画などの映像にドローンが使用されるのは今や当たり前となっており、かつてでは見られなかったアングルでの美しい映像を楽しむことができるようになりました。映像の他にも、測量や点検、物流、農業、個人の趣味などにドローンが活用されるようになりました。2020年以降日本におけるドローン活用の流れはさらに加速すると見られており、市場規模は1,600億円規模にのぼると予想されています。これにより開発現場にはより一層の努力が求められ、ドローンエンジニアの需要はますます高まっていくことになると思われます。

最新記事一覧

求められる様々なスキル ドローンエンジニアにとってドローン開発に関するスキルは必須ですが、それらのスキルと同じぐらい大切なのがコミュニケーション力や理論的思考力などのスキルです。総合的なスキルの習得には、ドローンエンジニア育成専門の学校が役立ちます。

ドローンを飛ばせる条件や必要な許可 ドローンは誰もが簡単に入手できる機器ですが、好きな場所で自由に飛ばすことができるわけではありません。ドローンを飛ばすためには条件をクリアする必要があり、禁止されている場所や時間帯に飛ばす場合には許可を得る必要があります。

転職エージェントを使って探す ドローンエンジニアとして転職を考えているなら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェント経由の転職を成功させるために意識したいポイントは、エージェント選びを丁寧に行うことです。

おすすめ記事一覧

先行状態なドローンエンジニアの需要 ドローンを入手しようと思えば、個人か企業かにかかわらず簡単にできます。しかし、市販のドローンは主に個人の趣味向けです。企業の多くはカスタムドローンを使用するため、開発ノウハウを持つドローンエンジニアの需要が拡大しています。

ドローンが活躍する場はたくさんある! ドローンは空撮のイメージがありますが、物流や農業、測量、環境調査、メンテナンス、災害および事故対応などさまざまなシーンで活用されています。どのシーンで活用するにしても安全対策が重要なので、専門知識を持った人材が必要です。

そもそもドローンってなに? ドローンとは、無人の車両や無人の航空機などの自律式の機器類を意味する言葉でしたが、今では自律飛行ができる機器を意味する言葉になりました。ドローン開発は年々進歩し、高性能の機種を誰でも簡単に入手できるようになりました。

最新の記事

ドローンの歴史は長い?
ドローンの歴史は長い?

ドローンの歴史は意外にも長いもので、第二次世界大戦のころには軍事用としての開発に携わるエンジニアが存在していました。実用化されたのは戦後ですが、現在では軍事用から商用まで幅広く活用されるようになっている技術です。

操作方法よりも重要なプログラミング
操作方法よりも重要なプログラミング

ドローンエンジニアにとってドローンの操作方法を正しく習得しておくことはとても大切ですが、それ以上に大切なのがプログラミング技術の習得です。ドローン開発に使用される言語は、AI開発に使用するPythonが主流です。

フリーランスエージェントを使って探す
フリーランスエージェントを使って探す

フリーランスエージェントは、フリーランスに代わって案件を探したり、契約まわりのサポートをしたりなどのサービスを提供している会社です。フリーランスエージェントを選ぶ主なポイントは、直案件を扱っているかどうかです。