ドローンエンジニアになろう!

ドローンとはなにか?

そもそもドローンってなに?

                       
そもそもドローンってなに?

ドローンを使って撮影された映像をテレビ等で見ることが多くなりました。ドローンの存在はすっかり世間に浸透したものの、実物に触れたことがないエンジニアも多いのではないでしょうか。では、ドローンとはどのようなものなのでしょうか。


ドローンってなに?

ドローンが開発された当初は、軍事用として使用するためでした。もともとドローンは無人車両や無人航空機などのような自律式の機器類であることを意味する言葉でした。しかし、その後は自律飛行ができる機器の総称となりました。現在では撮影や物流、農業などで活用されており、2015年からは国もドローンを使用した事業に取り組んでいます。ドローンが飛行する際に発する大きな音がハチの発する音に似ていることから、オスのハチを意味するドローンが名称に用いられるようになったとされています。一般的にはドローンと呼ばれることがほとんどですが、マルチコプターやラジコンヘリと呼ばれることもあります。低空を自由に飛ぶことができる機器類はこれまでなく、さまざまな業界から注目を集めています。

ドローンはどのようにして動くのか

ドローン本体には複数のプロペラが付いており、GPSの機能によって安定的な自律飛行を可能としています。本体に装着される1本のリチウムリポバッテリーで30分弱程度の飛行が可能なモデルも登場しています。ドローンで気になるのが安全面についてですが、バッテリー残量が少なくなると自動的に着陸ポイントに戻ってくるなど、安全面に十分考慮した設計のものが主流となっています。
ドローンの使用例として代表的なのが映像等の撮影であることからもわかるように、カメラ付きのドローンが数多く市場に出回っています。撮影用の高性能カメラや測量用のカメラ、サーモカメラなど、用途によって使い分けることが可能です。飛行中のドローンの揺れに影響されることなく撮影できる機能が付いているため、高画質カメラを使用した美しい映像をドローンならではの視点から撮影することができます。ドローンの遠隔操作には、Wi-Fi接続が可能な操作リモコンが用いられます。ドローン本体に自律機能が備わっており、万一操作をする人がリモコンから手を離してしまったとしてもドローンが暴走することはなく、ヘリコプターのようにその場でホバリング状態を保ちます。操作リモコンとスマホやタブレットなどの端末をつなげば、飛行中のドローンのモニタリングができます。ドローンの位置情報やバッテリー残量を端末で確認できるなら、安全にドローンを飛行させるための最善を尽くすことができます。インターネット環境がない場所でドローンを飛行させる場合には、ドローン専用のアプリが用いられることもあります。

最新記事一覧

求められる様々なスキル ドローンエンジニアにとってドローン開発に関するスキルは必須ですが、それらのスキルと同じぐらい大切なのがコミュニケーション力や理論的思考力などのスキルです。総合的なスキルの習得には、ドローンエンジニア育成専門の学校が役立ちます。

ドローンを飛ばせる条件や必要な許可 ドローンは誰もが簡単に入手できる機器ですが、好きな場所で自由に飛ばすことができるわけではありません。ドローンを飛ばすためには条件をクリアする必要があり、禁止されている場所や時間帯に飛ばす場合には許可を得る必要があります。

転職エージェントを使って探す ドローンエンジニアとして転職を考えているなら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェント経由の転職を成功させるために意識したいポイントは、エージェント選びを丁寧に行うことです。

おすすめ記事一覧

先行状態なドローンエンジニアの需要 ドローンを入手しようと思えば、個人か企業かにかかわらず簡単にできます。しかし、市販のドローンは主に個人の趣味向けです。企業の多くはカスタムドローンを使用するため、開発ノウハウを持つドローンエンジニアの需要が拡大しています。

ドローンが活躍する場はたくさんある! ドローンは空撮のイメージがありますが、物流や農業、測量、環境調査、メンテナンス、災害および事故対応などさまざまなシーンで活用されています。どのシーンで活用するにしても安全対策が重要なので、専門知識を持った人材が必要です。

そもそもドローンってなに? ドローンとは、無人の車両や無人の航空機などの自律式の機器類を意味する言葉でしたが、今では自律飛行ができる機器を意味する言葉になりました。ドローン開発は年々進歩し、高性能の機種を誰でも簡単に入手できるようになりました。

最新の記事

ドローンの歴史は長い?
ドローンの歴史は長い?

ドローンの歴史は意外にも長いもので、第二次世界大戦のころには軍事用としての開発に携わるエンジニアが存在していました。実用化されたのは戦後ですが、現在では軍事用から商用まで幅広く活用されるようになっている技術です。

操作方法よりも重要なプログラミング
操作方法よりも重要なプログラミング

ドローンエンジニアにとってドローンの操作方法を正しく習得しておくことはとても大切ですが、それ以上に大切なのがプログラミング技術の習得です。ドローン開発に使用される言語は、AI開発に使用するPythonが主流です。

フリーランスエージェントを使って探す
フリーランスエージェントを使って探す

フリーランスエージェントは、フリーランスに代わって案件を探したり、契約まわりのサポートをしたりなどのサービスを提供している会社です。フリーランスエージェントを選ぶ主なポイントは、直案件を扱っているかどうかです。