ドローンエンジニアになろう!

ドローンエンジニアになるならフリーランスエージェントを使おう

フリーランスエージェントを使って探す

                       
フリーランスエージェントを使って探す

ドローンエンジニアの求人を探すなら、フリーランスエージェントに相談してみるという方法もあります。


フリーランスエージェントとは

フリーランスエージェントは、フリーランス向けの案件を紹介するサービスです。フリーランスになると自分で営業からその後の業務までこなすことになりますが、エージェントを利用しているフリーランスは営業の必要がなくなります。契約が成立すれば仲介料が発生しますが、代行してくれるサービスの質を考えるとそれだけの価値があるサービス内容です。仲介料がどのぐらいかはエージェントの方針によって異なります。多くの場合10%から30%ほどなので、100万円の報酬に対して10万円から30万円程度の仲介料が差し引かれることになります。

それでもエージェントを利用するわけ

仲介料が取られるなら自分で営業したほうが効率的なのではと考えるかもしれません。それでもフリーランスエージェントを利用する理由は、多くのメリットがあるからです。エージェントはかなりの数の案件を取り扱っているうえ、利用者の希望にマッチした案件をすぐに探し出すことができます。
個人で営業する場合はそもそもエージェントほどの選択肢がありませんし、希望にマッチした案件を探し出すまでに時間がかかります。案件を探している間は報酬が発生しないため、時間がかかればかかるほど収入を得るために使える時間が減ってしまいます。安定的に案件を受注し続けられるのも、フリーランスエージェントの特徴的なメリットです。今ある案件の契約が解除になっても次の案件がすぐに見つかる状況なので、安心して働き続けることができます。契約まわりの細かい実務も、エージェントがしっかりとサポートしてくれます。悪質なクライアントと契約してしまうリスクを考える必要もなく、もしトラブルが発生してもエージェントが助けてくれます。

フリーランスエージェントを選ぶポイント

フリーランスエージェントはどこも同じようなサービスを提供しており、どこか1社を選ぶとなると迷ってしまうものです。自分に合うエージェントを選ぶ主なチェックポイントは、扱っている案件が直案件かどうかです。つまり、案件とエンジニアの間に入っているのがエージェントだけかどうかということです。エージェントによっては、仲介業者がいくつも入っている案件を紹介している場合があります。そうなると、仲介業者を通過するたびにマージンが抜かれてしまい、フリーランスの手元に残る報酬は少なくなってしまいます。次にチェックしたいのが、エージェントが対応している地域です。東京都とその周辺地域であればほとんどのエージェントが対応していますが、それ以外の地域は対応不可の場合があるので事前によく確認しましょう。

最新記事一覧

求められる様々なスキル ドローンエンジニアにとってドローン開発に関するスキルは必須ですが、それらのスキルと同じぐらい大切なのがコミュニケーション力や理論的思考力などのスキルです。総合的なスキルの習得には、ドローンエンジニア育成専門の学校が役立ちます。

ドローンを飛ばせる条件や必要な許可 ドローンは誰もが簡単に入手できる機器ですが、好きな場所で自由に飛ばすことができるわけではありません。ドローンを飛ばすためには条件をクリアする必要があり、禁止されている場所や時間帯に飛ばす場合には許可を得る必要があります。

転職エージェントを使って探す ドローンエンジニアとして転職を考えているなら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェント経由の転職を成功させるために意識したいポイントは、エージェント選びを丁寧に行うことです。

おすすめ記事一覧

先行状態なドローンエンジニアの需要 ドローンを入手しようと思えば、個人か企業かにかかわらず簡単にできます。しかし、市販のドローンは主に個人の趣味向けです。企業の多くはカスタムドローンを使用するため、開発ノウハウを持つドローンエンジニアの需要が拡大しています。

ドローンが活躍する場はたくさんある! ドローンは空撮のイメージがありますが、物流や農業、測量、環境調査、メンテナンス、災害および事故対応などさまざまなシーンで活用されています。どのシーンで活用するにしても安全対策が重要なので、専門知識を持った人材が必要です。

そもそもドローンってなに? ドローンとは、無人の車両や無人の航空機などの自律式の機器類を意味する言葉でしたが、今では自律飛行ができる機器を意味する言葉になりました。ドローン開発は年々進歩し、高性能の機種を誰でも簡単に入手できるようになりました。

最新の記事

ドローンの歴史は長い?
ドローンの歴史は長い?

ドローンの歴史は意外にも長いもので、第二次世界大戦のころには軍事用としての開発に携わるエンジニアが存在していました。実用化されたのは戦後ですが、現在では軍事用から商用まで幅広く活用されるようになっている技術です。

操作方法よりも重要なプログラミング
操作方法よりも重要なプログラミング

ドローンエンジニアにとってドローンの操作方法を正しく習得しておくことはとても大切ですが、それ以上に大切なのがプログラミング技術の習得です。ドローン開発に使用される言語は、AI開発に使用するPythonが主流です。

フリーランスエージェントを使って探す
フリーランスエージェントを使って探す

フリーランスエージェントは、フリーランスに代わって案件を探したり、契約まわりのサポートをしたりなどのサービスを提供している会社です。フリーランスエージェントを選ぶ主なポイントは、直案件を扱っているかどうかです。