ドローンエンジニアになろう!

ドローンエンジニアの需要について

先行状態なドローンエンジニアの需要

                       
先行状態なドローンエンジニアの需要

新たなものを取り入れてビジネスを発展させていくことは、移り変わりのスピードが極端に早い今の時代を企業が生き抜くために必要不可欠です。その一端を担う要素として多くの業界で期待されているのがカスタムドローンです。ドローンを採用している企業は世界的に見てもビジネスが急拡大する傾向にあります。カスタムドローンの需要が高まるということは、ドローンエンジニアが市場で多く求められるということでもあります。ドローン開発に着手する企業は増えたものの、ノウハウに長けた企業はまだそれほど多くないのが現状です。そこで急がれるのがドローンエンジニアの育成なのです。


ドローンエンジニアの需要が急拡大

世界のドローン市場に目を向けてみると、中国やフランス、アメリカのドローンメーカーが業界を牽引している状況です。特に中国の伸びは目を見張るものがあり、創業から15年ほどでシェアを7割にまで伸ばしています。中国一強のようにも見えますが、競合他社の努力次第で市場はより活発化することが見込まれると考えることもできます。ドローン開発を進めたい日本企業にとってジレンマとなっているのが、ドローンエンジニア不足です。エンジニアの絶対数がまだ少ないため、数あるエンジニア職の中でもドローンエンジニア市場は売り手市場です。

カスタムドローンの需要

ドローンそのものは店頭やインターネットで既製品を簡単に手に入れることができます。ただし、そのようなドローンは主に趣味に軸を置いて開発されたものであって、産業用には向かない場合が少なくありません。産業用のドローンについては、導入する企業や事業内容によって必要な機能がまったく異なるため、用途に合わせて1から開発するカスタムドローンが中心になります。
カスタムドローンなら、用途に合わせた品質のカメラや制御機能を搭載したり、ちょうど良い大きさの製品に仕上げたりすることができます。ラジコンのヘリコプターでもドローンと同じような使い方ができるという考え方もありますが、自動制御が可能という点では圧倒的にドローンのほうが優れています。開発技術が進化し、離着陸までのすべてを自動で行うことができるだけの制御機能を備えたドローンも出回るようになっています。自動制御装置はフライトコントローラーと呼ばれています。フライトコントローラーとは、センサーから得られた情報から上空の状態を正確に把握し、最適な状態で安全に飛行できるよう機器を制御するコンピューターのことです。ドローンエンジニアが担当するのは、フライトコントローラーのプログラムです。安全がかかっていることから、ドローンエンジニアには高い技術と幅広い視野が求められます。

最新記事一覧

求められる様々なスキル ドローンエンジニアにとってドローン開発に関するスキルは必須ですが、それらのスキルと同じぐらい大切なのがコミュニケーション力や理論的思考力などのスキルです。総合的なスキルの習得には、ドローンエンジニア育成専門の学校が役立ちます。

ドローンを飛ばせる条件や必要な許可 ドローンは誰もが簡単に入手できる機器ですが、好きな場所で自由に飛ばすことができるわけではありません。ドローンを飛ばすためには条件をクリアする必要があり、禁止されている場所や時間帯に飛ばす場合には許可を得る必要があります。

転職エージェントを使って探す ドローンエンジニアとして転職を考えているなら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェント経由の転職を成功させるために意識したいポイントは、エージェント選びを丁寧に行うことです。

おすすめ記事一覧

先行状態なドローンエンジニアの需要 ドローンを入手しようと思えば、個人か企業かにかかわらず簡単にできます。しかし、市販のドローンは主に個人の趣味向けです。企業の多くはカスタムドローンを使用するため、開発ノウハウを持つドローンエンジニアの需要が拡大しています。

ドローンが活躍する場はたくさんある! ドローンは空撮のイメージがありますが、物流や農業、測量、環境調査、メンテナンス、災害および事故対応などさまざまなシーンで活用されています。どのシーンで活用するにしても安全対策が重要なので、専門知識を持った人材が必要です。

そもそもドローンってなに? ドローンとは、無人の車両や無人の航空機などの自律式の機器類を意味する言葉でしたが、今では自律飛行ができる機器を意味する言葉になりました。ドローン開発は年々進歩し、高性能の機種を誰でも簡単に入手できるようになりました。

最新の記事

ドローンの歴史は長い?
ドローンの歴史は長い?

ドローンの歴史は意外にも長いもので、第二次世界大戦のころには軍事用としての開発に携わるエンジニアが存在していました。実用化されたのは戦後ですが、現在では軍事用から商用まで幅広く活用されるようになっている技術です。

操作方法よりも重要なプログラミング
操作方法よりも重要なプログラミング

ドローンエンジニアにとってドローンの操作方法を正しく習得しておくことはとても大切ですが、それ以上に大切なのがプログラミング技術の習得です。ドローン開発に使用される言語は、AI開発に使用するPythonが主流です。

フリーランスエージェントを使って探す
フリーランスエージェントを使って探す

フリーランスエージェントは、フリーランスに代わって案件を探したり、契約まわりのサポートをしたりなどのサービスを提供している会社です。フリーランスエージェントを選ぶ主なポイントは、直案件を扱っているかどうかです。